金買取について

金を含んだジュエリーやアクセサリーに「K24」とか「K18」など刻印されているのをご覧になったことあると思いますが、この数字が金の含有量を示しています。

金の価値が決まるのはズバリ「純度」であり、日本の場合、金の純度は24分率で表示され、金含有量が99.99%以上のものが「K24(24金)」になります。

アクセサリーなどに使う場合、24金だと硬度が柔らかいため熱に弱く、型崩れしたり傷がついたりしやすいという弱点があるため、純金に銀やニッケル、パラジウムなどを混ぜ合わせ、K18などの硬度にしてから製品化しているものが主流です。

ジュエリーやアクセサリーに18金製品が多いのはこれが理由です。

金に関する豆知識

K18などの「K」は、純度を示す「Karat(カラット)」の略で、日本では発音の問題で宝石の重さを示す「Carat(カラット)」と混同されるのを防ぐため「18金」などと呼ばれるようになった説があります。

Kの数字は「1」上がるごとに4.17%づつ純金の含有量が増えていくので、K24はほぼ100%に近い純金、K18は75%が純金で残りの25%は別の金属になります。

日本の純金はフォーナイン「99.99%」ですが、他の国ではスリーナイン「99.9%」でも純金と呼ばれます。国際的には純度99.5%以上であれば金の流通は可能とされているので、海外製の金インゴットを取り扱う時には純度に注意が必要です。

純度によって用途や特徴が異なる

純金のままだと硬度が柔らかいため、型崩れしたり傷がついたりしやすいという弱点があってジュエリー向きではありませんが、純金の利点は他の金属と混ざりやすい性質があります。

この特徴を利用する事で、他の金属と混ぜ合わせる割合を変えればピンクゴールドやホワイトゴールドといった、色味の違うゴールドを作り出すことができ、ジュエリーの美しさを引き立たせることもできます。

K24(24金)の用途や特徴

24金インゴット

純金99.99%以上の含有量があり、インゴットなど資産運用に適した製品に加工されることが多いです。

柔らかくキズが付きやすいのでジュエリー向きではありませんが、より資産価値を高めた高級ジュエリーでは24金を使用している商品も増えてきています。

本日のK24インゴット価格 5,434円/g
本日のK24地金価格 5,325円/g

K22(22金)の用途や特徴

22金リング

純金より高度が強く、輝きも純金に引けを取らないため、主に高級感のあるブランドジュエリーに使われることが多い金です。

18金ほど硬くないので、柔らかい特徴を活かして万年筆のペン先で使われている事でも有名。

K22は金としての品位を保ちつつ、実用的なので金を尊ぶ中国でも人気な金です。

本日のK22価格 4,755円/g

K18(18金)の用途や特徴

18金ジュエリー

金の含有率が75%あるので金本来の輝きを最低限保ちつつ、合金として硬度を高めているので丈夫でキズがつきにくくジュエリーの大半で使用されています。

合金とする過程で銀、銅、パラジウムを加えており、混合物の配合を変える事でホワイトゴールドやピンクゴールドなど色合い鮮やかな金にする事も可能です。

ジュエリー以外にも時計、ライター、カメラなど、幅広い用途で使用されています。

本日のK18価格 3,971円/g

K14(14金)の用途や特徴

14金ボディピアス

金の含有率が58.5%と比率がかなり少なくなっているため、輝きは純金に比べてかなり劣りますが、価格が安いためカジュアルなジュエリーなどに使用されることが多い金です。

ジュエリーの他にも、アクセサリーの留め具やメガネのフレームなど、身近な装飾品の部品としても使用されています。

K14の場合、混合物の成分に溶けやすく加工しやすいニッケルを含んでいる製品があり、ニッケルによる金属アレルギーを引き起こす可能性もあります。

本日のK14価格 2,996円/g

K10(10金)の用途や特徴

10金ハワイアンジュエリー

金の価格が高騰したことにより、カジュアルなジュエリーの価格を安価に保つため注目されてきた金の種類です。

純度の高い製品に比べて輝きは劣り、変色したり錆びやすくなる傾向はありますが、安価で加工しやすい利点があるので市場にもかなり出回っています。

18金などのように混合物の比率を変える事でカラーバリエーションが多彩になるので人気が高まっており、金自体の価格も高騰しているのでチープなイメージから純金の代替品として魅力的なイメージへと世間の評価も変わってきています。

本日のK10価格 1,993円/g

金製品は刻印に注意

ジュエリーだけでなく、金製品には製品の品質を表す刻印があります。

K24、K22、K18などのK+数字の組合せは中身も金ですが、K24GPなど数字の後にアルファベットが刻まれている場合は金メッキなので注意です。

※18KWGなどの表記はホワイトゴールドを表しているのでメッキではありません。

以下にメッキを表す刻印の種類を紹介するので、参考にして下さい。

〇GP GOLD PLATEDの略で金メッキ
〇GEP GOLD ELECTRO PLATEDの略で電気メッキ
〇GF GOLD FILLEDの略で金張り
〇GR GOLD ROLLEDの略で金張り
〇HGE HARD GOLD ELECTROPLATEDの略で金メッキ
〇RGP ROLLED GOLD PLATEの略で金張り

金メッキも金張り、どちらも金を使用しているのは表面のごく薄ーい皮膜だけで、中身は全然別の金属(真鍮など)や非金属(プラスチックなど)です。

金メッキは電気メッキ手法が主流となっており、金を溶かしたメッキ液の中にメッキしたい貴金属を入れ、電流を流すことで薄くはがれない金の皮膜を作ります。

金張りはメッキのように電気や化学反応を使わず、物理的に後から金箔を貼っていく手法です。

見た目は金製品ですが、中身は別物なので価値がほとんどなく、当店では買取できない製品となります。

page top